ネイリストに必須のJNAジェルネイル検定

オシャレに特別強い興味を持っていなくても、ネイルのお手入れを全くしていない女性はいないのではないでしょうか。
最近では男性もネイルサロンなどで爪のお手入れをするような時代になってきています。

ネイル業界は美容系の仕事の中でもとりわけニーズが高まってきているわけですが、そんな業界で働くなら、ネイルに関する資格を取得しておくべきでしょう。

その筆頭とも言えるのが「JNAジェルネイル検定」です。
日本ネイリスト協会が実施し認定している検定資格の一種で、この資格取得者しか採用しないとしているネイルサロンも多いため、もしこの業界に興味があるのであれば無視することはできません。

JNAジェルネイル検定は、上級・中級・初級に分かれており、初級から順に取得を目指していくことになります。
初級に関しては義務教育さえ経ていれば誰でも受験することが可能。
ただ、筆記試験に加え実技試験があるため、最短で取得したいのであれば、ネイルスクールなどに通うことをお勧めします。

JNAジェルネイル検定に合格すれば、ネイルに関する知識と技術を得たことが証明されるため、女性の転職には必ず役に立ってくれるでしょう。

  手に職をつけたいなら美容師免許の取得を

美容系の仕事の代表格と言えば美容師です。
この美容師として働くためには、美容師免許を持っていなければいけません。
美容師免許は国家資格であるため、取得までのハードルは少々高いと考えておくべきでしょう。

しかし、国家資格だからこそ転職の際には有利に働きます。
この資格を持っていない状態で美容室で働き出し、そこで資格取得を目指す人も少なくありませんが、事前に美容師免許を取得しておけば、当然美容室側は資格取得者を優先して採用しようとするはず。
ここに、この資格を取得しておくメリットがあるのです。

厚生労働大臣が指定した美容師養成施設に通い、そこで2年間学び卒業した上で国家試験に合格すれば、この資格を取得することができます。
この美容師養成施設は昼間に通える施設と夜間に通える施設があるため、今現在仕事をしている女性の転職希望者は夜間を選択することで、在職中に美容師免許を取得することができるでしょう。

また、通信課程も用意されていますが、養成施設に通うのとは異なり、国家試験の受験資格を取得するまでに3年間を要します。
この点には注意し選択しなければいけません。

いずれにしても、これだけの時間をかけて取得する価値のある資格であり、これは転職の大きな武器になってくれるはず。
時間がかかるだけに、早めに動き出せるかどうかがカギとなりそうです。